日本酒

飛鸞 生酛65

定番の飛鸞65の生酛無濾過生バージョンになります。

「生酛(きもと)」とは江戸時代の伝統技法で

蔵の乳酸菌から酒を造り始める手法です。

現代技法の2倍以上の時間を費やして仕込みます。

生酛で造られたお酒の特徴はすべての添加物が入っていないことと、

酵母が強く、低温発酵で時間をかけて発酵させてもへたらず、

低アルコールのお酒も醸すことができます。

従来の飛鸞65と同様に穏やかな香りと酸、

そして後味のキレの良さが際立った食中酒です。

冷酒から熱燗まで幅広い温度帯に対応したお酒ですので、

是非いろんなシチュエーションでお楽しみ下さい。

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)

2021 SAKE部門で推奨酒の評価を頂きました。

おすすめの飲み方

種 類 純米生酛造り
原材料 米(国産)・米麹(国産米)
容 量 720ml・1800ml
アルコール 15度
日本酒度
価格 1,650円(税込)