12月1日は平戸城下の冬の風物詩「あんもーち、ヨイ!」の日です。

小学生が明け方5時前くらいから大きな声で「あんもーち、ヨイ」と言って私達の目を覚まさせてくれるはずと昨夜から楽しみに寝たのに5時を過ぎても一向に声がしない。
あれ、もう6時半。もうこの時間に来ることはないから製造元のお菓子屋さんに直接取り置き頼まなきゃっとバタバタ。夜が明けてからでは製造元も売り切れになって手に入らない年もあった悲しい過去を繰り返さないため必死であります。なんの特別なこともない素朴なあんもちなんですが年に一度、この日に子供が売りに来たあんもちを食べないと幸せになれないような、ちょっと大袈裟ではありますが、平戸城下に住む者にとって大切な伝統行事です。
お菓子屋さんからいただいたいわれを載せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です