10月はイベントなどで大変忙しい時期でしたし、造りにも入りましたので

新商品に向けての準備等々慌ただしく、その日を消化するだけで手一杯でした。

お陰様で五代目初仕込の新商品「Firando夢名酒」は11月2日にローマ法王様にも

届けていただくことができました。関係者の皆様有難うございました。

このお酒は世界遺産登録候補地の隠れキリシタンの里・春日の棚田米を使用し、低アルコール(度数10%)で

発酵を止め、白ワインのように甘酸っぱくした純米原酒です。

 

そのまま冷やして飲んでも勿論おいしいのですが、試飲会でお酒3に炭酸水1で割りましたら

まるでスパークリングワインのようになり、大変好評でした。

ワイングラスでセレブーな感じ(笑)で飲んでいただきたいお酒です。

 

 

こちらの記事が長崎新聞に載りました。ヤフーニュースでも取り上げていただいたようです。

 

 

 

新酒ができたら杉玉作り!例年私がやっていましたが、今年は五代目にバトンタッチ!

お役御免でホッとしています。

 

 

まあ、私のよりはましですかね。

 

本日は6月に仕込んだ日本酒の梅酒「千年探梅」の瓶詰め作業が行われています。

明日から発売です。

 

 

先週末から2本目の仕込に入りました。

今年は年内に「飛鸞純米・しぼりたて原酒」ができますよ。どうぞお楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です