令和元年から造り始めた「ひらん」

社内では「ひらがなひらん」とか「令和ひらん」と呼んでいますが、

このお酒には純米という表示がありません。

純米であるための条件は

①アルコール無添加であること

②糖類無添加であること

③等級米であること

この3条件が揃わないと純米と表示できないのです。

この「ひらん」は③の等級米であることの条件を満たしていません。

平戸の大野地区で山田錦を作ってもらっている農家さん。一昨年は特等米でしたが、昨年は二等米。そしてくず米も出てしまいました。

台風の被害などをかいくぐって一生懸命作って頂いているお米。一粒たりとも無駄にしたくないという思いで、昨年初めて「ひらん」が誕生しました。

全量山田錦でできた贅沢な普通酒「ひらん」。山田錦だけに本当にふくよかなクリアなお酒に仕上がっています。

幸せを感じるお酒です。

「ひらん」は一升瓶のみ。税込み2,200円です。

大酒飲みが集まる時はお手頃でちょっと贅沢な「ひらん」がおすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です