ここ数年、大変気になっていた明治蔵の壁の汚れ。
やっと化粧直しができました。
五代目が入社して4年。毎年、蔵内の設備投資で費用がかかり、外観は後回しでしたが、しばらくは白壁を維持できそうです。


先日、平戸海上ホテルさんの試食会へ。
東京からイタリアンのシェフをスカウトしたとかで、平戸の豊かな海の幸、山の幸をどんな風に表現されるのかとても楽しみに出かけました。
アワビのバルサミコソースから始まり、お刺身を含む6酒類の小鉢。焼き物は平戸牛の霜降りにジャンボにんにく。
締めのご飯は鯛茶漬け。そしてデザートへ。ほぼ平戸のお魚と、お肉とお野菜。和ばかりでは面白くないけれど、オリーブオイルなどで洋の要素をさりげなく取り入れてあり、私好みのお食事でした。

シェフが若くてイケメンであったことも申し添えておきます♪

観光地平戸はやっぱり宿泊施設が元気でないと街が元気になりません。

施設の老朽化問題も追々改善していく計画だとか。まずはあのホテルは朝食が美味しい!から始めたいとオーナーのお言葉でした。

平戸海上ホテル

そして、長崎県では再び旅行の助成金を出すことに(県民対象)

心呼吸を利用してお得な旅を。平戸へのお越しをお待ちしています。

心呼吸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です