いよいよ明後日は私達アンサンブル・パレストリーナの発表の日。

発表するから手伝って!と言って集まってくれる応援者を入れても10人にしかならない小さなコーラスグループです。

400年前平戸が海外貿易で栄えていた頃に思いを馳せて当時のグレゴリオ聖歌を歌うことが目的の一つです。

最近は450年の時を経た今もなお隠れキリシタンが唱えているオラショの原曲を発表の際は必ず披露することにしています。

コーラスの練習はとっても和やかで歌ったあとにみんなが笑顔になるところが大好きです。

団員はほとんどが仏教徒。発表させていただく紐差教会の信者の方が団員になってくださると本当に嬉しいのですが。

平戸の教会の中で一番響きのいい教会で歌わせていただけて光栄です。

当日は平戸市一斉空き缶拾いの日。お掃除した後、お時間ありましたら、是非お出かけくださいませ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です