完成したばかりの仕込水のつくばいはご紹介のとおりですが、どういう水質でうちの酒はつくられているのか書き足しておきます。

軟水。なのでいわゆる女酒です。(硬水の場合は男酒と言います。)
軟水で有名所は広島や伏見あたりでしょうか。
軟水はゆっくりと熟成していく特性があります。
また、軟水のほうが甘口に硬水の方が辛口の酒になりやすいとも言われます。
酒を飲む時は途中和らぎ水(仕込水)を飲みながらだと深酔いしないので是非酒と共においしい水もご用意ください。
日本酒中央会の和らぎ水のPR、参考までに。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です