週末は還暦祝いや就職祝いなどまとめて御祝いの会をしようと

久々にうちに客人を招いての宴席。

市場に魚を仕入れに出かけると、こんな珍しい貝が。

名を「ナガニシ」と言う。

たまたま出くわしたうちのスタッフにこれどうやって食べるの?

と聞くと、湯がけばいいんじゃないですかね、っていうんでどんな味か

試してみることに。

握り寿司に初めて挑戦しようと色々魚を仕入れたのはいいけれど

一度もやったことのないことを突然やるには時間があまりにも

なさすぎて、メニュー変更。握り寿司は手巻き寿司に。

そして、湯がいた「ナガニシ」を貝から引きずり出そうとするも

カニ用のフォークが曲がるくらいビクともしない。

他の料理をやっているとこの「ナガニシ」と格闘している暇がない。

シンクに置き去りにされた「ナガニシ」無残にも闇に葬られることに。

次回は市場の人に楽に調理できる方法聞いて「ナガニシ」の味を判定してみたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です