今年の1本目は根獅子の棚田米湧水酒米を利用しての仕込みでした。
これは平戸の重要文化的景観である根獅子の棚田でできた酒米、食米のオーナー制で酒米は当蔵で日本酒にし、オーナーの方々に呑んでいただくことになっています。
九州津々浦々のオーナーの方々が来たる12日のお披露目の日を楽しみにしていらっしゃいます。
当蔵ではこのような搾り機で酒をしぼります。

絞られた酒は地下タンクにたまります。

タンクから蔵男が酒をくんでくれました。

これが絞られたばかりの酒です。濾過していないのでまだ澄み切っていません。

アルコール度数19.5、日本酒度-5の甘口に仕上がりました。
これから濾過して瓶詰めします。
商品になるまでもうしばらくお待ち下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です