お陰様で、下田逸郎with松口ようこコンサートが無事終了いたしました。
流石のフォーク界の巨匠、下田逸郎さんのギターと語るような独特の声、そして松口ようこさんの透き通る歌声に観客は酔いしれ、酒に酔いしれ楽しかった夏に別れを告げる大人な夜となりました。
会場のプロジェクターに映し出された映画「この国の空」の予告編から流れてくる松口ようこさんの物憂げなスキャットを聴くと、改めて身近な人が全国区で活躍しているのだなと感慨深いものがありました。益々のご活躍をお祈りしております。
地元紙の長崎新聞のコラムでも昨夜の様子を取り上げていただきました。
電子版がないのでお客様が撮られた写真を掲載いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です