今年は瓜が早く手に入ったので出来上がりも早く、例年より

早い販売となりました。しかし、最初に瓜が入ってから

思うように収穫できず、数量は前年並みとはいきませんでした。

作物は天候に左右されるので大変ですよね。

今年は初めて時間が経つと粕が褐変する酵素を使って酒を仕込みましたので、酒粕も少し色黒。

「色白は七難隠す」と言うとおりやっぱり、白い粕がいいわぁ。

でも、造り人の「旨い酒を造る」ための方法ですから、仕方ありません。

お味はいいですよ。今年みたいに半端ない暑い日のごはんのお供に。

ぜひ、ご賞味ください。

写真は樽に詰めた奈良漬の最後の作業、紐掛けの様子です。

職人技!でもないか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です