今日は年に一度の家祓の日です。
毎年梅雨時に行われるので今年はめったにない好天気に恵まれました。
琵琶法師がペンペンペンと琵琶を演奏しながらお経みたいなものを唱えます。
荒神様(かまどの神様)を祀り、家内安全、五穀豊穣を祈る行事です。
この風習は旧平戸藩だけのようで学者先生方が大変興味を持たれ研究が進んでいるのだそうです。

お祓いが終わると恒例の明市坊による時事放談を延々と聞かされる・・足がしびれた(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です