商談会は長崎や福岡ではよくあるのですが、平戸市にバイヤーさんが来られてお話をするのは私が知るかぎり初めてのこと。
今回地元の若手後継を育てることを目的に活動している中間層(平戸ではまだりっぱに若手なんですが・・)が自分たちの取引ルートをコネにもっと平戸のいいものを売り込んでいきたいと企画してくれました。

どのバイヤーさんも好意的で今後に充分つながる有意義な商談会となりました。
ここでも一番バイヤーさんの心を惹きつけたのは夢名酒でした。

平戸に住んでいながら生産者のこだわり抜いた商品に改めて気付かされたり、生産者の顔が見えて一気に距離が近くなったり。私自身が大変いい勉強をさせていただきました。

平戸にはお金で買えないものがいっぱい。宝の島です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です