今日は節分。
節分と言えば、平戸は子泣き相撲です。
悪霊に悩まされていた平戸藩のお殿様、赤子の泣く声で悪霊が退散したとの言われから子泣き相撲が行われるようになりました。1歳児未満の赤ちゃんが取り組みをし、この時ばかりは泣いたが勝ち!なのですが、最近の赤ちゃんは泰然としていてなかなか泣いてくれない行司泣かせのようです。

この時節は寒さが厳しく雪がちらつく時もありますが、今年はコート無しで過ごせるほど暖かい日よりになりました。元気にすくすくと育ちますように!

当蔵の酒水はこのお寺の麓の湧水が水源となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です