昨日訪ねた博多六本松の木香庵さんは築60年。戦後まもなく建築された古民家だ。1階部分をイベントホールや茶室として利用している。入口には小さな和菓子屋さんがあってアクセントを付けている。夜にワイン会と演奏会が催されるため原さんは大忙しのようだった。その演奏会はリュート、リコーダー、ハープの三重奏。リハーサルの様子を伺うと何とも優しい音色が木造建築に吸い込まれていい感じだった。リュート、リコーダーと言えばついこの間の12xおらんだで平戸に来たダービッドにマルヨライン。彼らの話しや他の共通のリュート奏者のことで盛り上がった。是非平戸の教会で演奏したいと密かに計画していることもあるのだとか。原さんからそのうち話が来ることを楽しみにしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です