名城100選の平戸城がリニューアルオープン。そして日本初のお城に泊まれる城泊がオープンしました。

城泊は懐柔櫓と呼ばれる櫓に泊まる1泊60万(5人まで宿泊可)の施設。日本航空が運営するのでキャビンアテンダントさんがご案内係のようです。

ガラス張りの海が見える展望風呂が最大の売りでしょうか。いい湯じゃのぅ~と殿様気分いかがです?

天守閣にはこれまでのリアルな展示品は全く無くデジタルで体験や学習ができる仕組みになっています。

視覚、聴覚で頭に入ってくるので、人間の脳には記憶されやすいかもしれませんね。これまで平戸の宝として展示されていたリアルな品々は持ち主に返却されたと聞きました。返却されても管理する人もおらず、散財してしまうかと思うと寂しくもありますが。

黄砂で薄曇りの続く平戸でしたが、今日はこの日を喜んでいるかのように久し振りに青空の見える穏やかな春日和となりました。

うちの庭ほどに近い亀岡公園の花見はとうとう行けずじまいでしたが、オープニングセレモニーをちょっと覗いて、平戸二度咲き桜も見てまいりました。

ちょうど公園管理の都市計画課の職員さんと会い、見頃は先週でしたよ、と教えてもらいました。

超忙しい時に咲いていたのね。

でも、下から見るとまだまだきれい!外輪が咲いたあと、一週間ほどあとに内輪が咲く、平戸二度咲き桜。

八重桜のようですが、ちょっと独特の咲き方をするのです。平戸は椿といい、バラといい、桜といい、ツツジといい必ず平戸固有の平戸の銘が付いている花がたくさんあります。

なんて素敵なんでしょう。これも大航海時代真っ先に平戸に海外の植物が入り込んだ影響ですね。

本来ならこの二度咲き桜はすべての桜が咲いたあと4月の後半に咲くのが慣例ですが、今年は桜が咲くのが全般に早く、ついていけない。

そして、5月に咲くはずのツツジがもう咲き誇っておりました。

平戸ツツジです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です