東京農業大学醸造科つながりで各地の蔵元さんと時折音信があります。
先日は山形の花角味噌醸造さんからさくらんぼが。思わぬ贈り物に思わず「きゃぁ~」と声を上げ「うち、さくらんぼ来たんだ」とついつい自慢。そして、気仙沼角星さんからはカツオとホタテ!う~~んこりゃたまらん。カツオは大きいのに捌くのは簡単。骨が柔らかく切れない包丁でもスイスイと。刺し身、どんぶり、たたき、照り焼きとカツオ三昧。ホタテの貝柱とヒモは争奪戦。ホタテの内蔵は今まで食べたことはありませんでしたが、あまりの美しさに捌く傍ら口に持って行き料理人の醍醐味を味わいました。

今日は地元のお得意様からコロダイとクロイオを頂戴し、朝から捌いて茶漬けと刺し身に。
地元のお魚は骨が固いですが、骨の関節を避けると簡単に切れることを教わり、捌くのが楽になりました。
美味しいものを食べさせていただき皆様に感謝です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です