平戸の市花は平戸ツツジ。

平戸つつじが咲く頃、平戸の武家屋敷を中心にお庭が公開され、

立派な佇まいを散策して回ることができます。

普段は入れないので是非ともこの日に訪れたいもの。

 

これは↓大曲敦家のマダムお手製のDMとマップ。

このマップを見るだけでも平戸散策の楽しさが伝わってきます。

 

大曲敦家の本家にあたる大曲公家にはお殿様があそばされた貴重な茶室があり、

茶室の窓から庭のツツジが見られるというすごく贅沢な設計になっています。

 

内野家の見事な築山。

志自伎家には海に入ってくる船をチェックしていたという展望台があり

大航海時代を彷彿とさせるお庭。

武家屋敷のお庭は貴重な原木を見られる植物園のような場所であり、

歴史を味わえる場所でもあり。平戸のお庭は大したものです。

 

お庭だけでなく重要文化財や景観資産に登録されているものの公開もあります。

幕末の志士が密会したと言われる田助の永山家や明治の酒蔵(森酒造場)など。

 

ゆるりと流れる平戸時間。癒やされること間違いなしです。

お天気がよければお着物での散策、おすすめです。

移動にはシャトルバスをご利用下さい。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です