今年の本屋大賞を受賞した百田尚樹の「 海賊と呼ばれた男」はただ今親戚をたらい回し中で私のところにはいつ戻ってくるかわからないので氏のデビュー作「永遠の0」を読んでみました。

戦争物語を読むのは私にとっては初めてのこと。そして、百田氏の作品も初めて。
これほどに崇高なプロットで引き込まれるなんて、これを読んでいる時間に感謝しました。
感想は稚拙な言葉で語りたくないので控えます。
もし、まだ読んでいらっしゃらなかったら必ず読んでいただきたい1冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です