流れのままにーというタイトルの片岡鶴太郎さんの講演会に行って来ました。
流れのままに・・・鶴太郎さんの人生哲学が聞けるのかと思いきや、気の赴くままに話すという意味だったようで、こちらが期待したような含蓄のあるお話ではなく、鶴太郎さんの多才ぶりがどれほどのものかを思い知らされる講演でした。天は二物を与えずは絶対に嘘です。いくつもの天賦が与えられた人のエネルギーをいただきました。
鶴太郎さんは長崎の観光大使にも任命され、来年の2月にはランタンフェスティバルの皇帝に。また3月には県立美術館で300点にも及ぶ個展が1ヶ月に亘り開催される予定。
年間100点の絵を描く鶴太郎さんはふと振り返って見たお隣の椿に「絵を描きなさい」とお告げを頂いたそうで、それまで一度も絵を描いたことはなく、たったの2年の独学で個展を開くほどになったとのこと。
講演の最後には歌舞伎の外郎売を披露。圧巻でした。
ついでに五島観光。
学生時代に海水浴に来て以来だったので観光は初めて。
同じ島でも五島灘は波が荒くまた違う味わいでした。

鬼岳から流れでた溶岩。

鬼岳の風は心地よかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です