昨日は甑倒しでした。

甑倒しはもうお米をこれ以上蒸しません、ということです。

甑倒し後もまだまだ皆造まで1ヶ月以上かかり、全ての酒造りが終わるのは6月。

甑倒しの翌日の今日は最大級に忙しかったようで、蔵人たちは忙しい忙しいの連呼。

なのに、用事を頼む女将。引き受けてくれることもあれば、今無理でーす。とお断りなさることも。

さきほど(夜9時頃)、蔵人たちは退社となりました。その後も社長は蔵から呼ばれ、お手伝い。

この時期の上槽の時は日中暑くてしぼれないのでいつもこんな感じで一日が終わります。

さて、蔵開きのことでお問い合わせが増えてまいりました。

振る舞い酒に使われるお酒は購入ご希望の方には量り売りをいたします。ご自分で手汲みしていただこうかと思っています。

蔵開き限定酒は1種類のみです。他に蔵でしか買えない蔵元限定酒「HIRAN2022」を蔵開きの日に合わせてリリースいたしますので、こちらの無濾過生原酒も楽しみにしていてください。

蔵元限定酒の西暦シリーズは毎年テーマを決めて造っています。2020年は精米歩合20%、高精白のお酒でした。2021年はアッサンブラージュでした。

さあ今年2022年はどんなお酒なのでしょう。

どうぞ蔵開きでお待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA