近年の発酵食品に対する消費者の注目度は目をみはるものがあります。

麹は相変わらずの人気ですし、今年は何と言っても甘酒がヒットしました。

甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養素が多く、流行りの酵素も含まれているので大人気です。

日本酒は瓶詰めラインがあるので一度に大量に瓶詰めすることができるのですが、

甘酒は同じラインを使うと麹のつぶつぶが詰まるのでラインを使わず手詰めでやっておりました。

手詰めとなると一度にやってしまえる量が自ずと少量になり、こまめに作っていくしかなかったのですが、

本日甘酒専用の瓶詰機を導入。

これだと、手詰と比べて倍の量作れ効率的になります。

12月中旬までは甘酒を作り、その後年始にかけて新酒の仕込みに入ります。

 

今日は今年最後の武家屋敷でお抹茶をいただく日でした。

緑の垣根と苔のむした石段。森林浴をしているように暖かい陽射しを受けながら

マイナスイオンをたっぷり吸収。我が家から車で2分ほどの距離なのに

別世界です。

お楽しみのお取り寄せのお菓子は鹿児島、明石屋の「大黒餅」。

黒糖の風味が豊かで薄く伸ばした餅の食感もよく、大変おいしゅうございました。

「良い年が迎えられますように、大黒様で」とホストのマダムのお心遣いにも

脱帽です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です