甘酒は昔はおくんちの頃に自分のうちで作って飲む習慣があったそうだから、飲む時期のイメージって秋口から寒い冬にホット甘酒にしてあったまる頃なのかなぁ。その頃の売上が一番多い。
しかし、「飲む点滴」と別名言われるとおりブドウ糖を多く含み、ビタミン、アミノ酸など体にいい成分がたっぷり。しかもあの甘さは砂糖を加えるのではなく、発酵した時にできる甘さだ。
太らない健康食品としてこの酷暑には是非とも甘酒を。
一工夫で地味な甘酒もおしゃれな飲み物に変身。
例えば、バナナとシェークしたら爽やかな風味でとってもおいしいし、豆乳との相性も抜群。
今密かに考えているのはチーズとのシェーク。発酵食品同士どうよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です