平戸は宝の島。
どこを切り取ってみても歴史の一番大切な所がここ平戸にあります。
平戸島の先、生月島には今も尚、16世紀にスペイン、ポルトガル人によって広められたキリスト教を禁教時代も隠れて信仰を守り抜いた隠れキリシタンの里があります。
オラショというグレゴリオ聖歌を唱えて信仰するものです。
この度、私の大好きな指揮者西本智実さんによってそのオラショを楽譜に起こしバチカンで演奏する運びになりました。
詳細はこちらで 西本智実
西本さんの母方の出身地が生月。
すばらしい出会いをなされたようです。

このオラショの原曲は発祥のスペインですら無くなってしまっている聖歌で大変貴重なものであることは皆川達夫さんの随筆で拝見したことがありました。その内容はこちらで皆川達夫

オラショが世界にデビュー。平戸はこのニュースに湧いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です