週末の月見の会から始まり、日曜日は東京金管五重奏(通称トーキンファイブ)のコンサート。そして、昨夜は芝能を鑑賞。初めてお能を生で観ました。佐世保の親戚の庭で行われた能。到着すると皆様お美しいお着物姿ばかり。あら、ドレスコード間違えたかしらん?会場内に入るとお洋服の方もいてε-(´∀`*)ホッとしたものの、伝統芸能の鑑賞はやはりお着物が一番ふさわしいですね。

舞台から1mも離れていない最前列のいいお席からの鑑賞でしたので、迫り来る能面には圧巻でした。セリフが理解できず想像で見るしかなかったのが残念。すり足の美しいこと。ムーンウォークのように重力を感じない動きはさすがです。息を呑みながら見入ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です