今日は諫早商工会議所女性会50周年記念式典のため、諫早へ。
お楽しみは講演会。たけしのTVタックルなどでお馴染みの怖い系の須田慎一郎さん。
機関銃のように97分間しゃべり続けられました。
小泉純一郎の番記者時代に仲が良くなった当時の秘書官飯島氏とは家族ぐるみのお付き合いだそうです。経済市場は政治の動向で動くもの。株高円安に転換したのは2012年11月14日の当時の首相野田氏と自民党総裁の安倍氏の党首討論会の時だったという。野田氏が解散宣言をしたことで一気に株高円安に傾向していったのだそうです。
今回の参議院選挙に何も争点が存在しないことをジャーナリズムが問題にしないことが大変問題であり、選挙に勝つためだけに作られたアベノミクスという実態のない言葉をかざして安倍氏の信任投票の場になってしまっている。
昨年の公共事業費の予算は4.7兆円だったけれど、今年は1月~3月までの15ヶ月で7.7兆円復興債も足すと10兆円もの使い切れないほどの予算編成になっているらしい。
7兆円使うと21兆円の経済波及効果があるそうでねじれが解消した後の3年間は国政選挙がないので政治が安定し、間違いなく景気はよくなるとのこと。しかし、これはカンフル剤にしかすぎず、経済の足腰を鍛えるには9月の成長戦略いかんにかかってくるということです。
成長戦略とは女性の社会進出をはばむ規制緩和など、女性が力を発揮できる環境を整備できるかどうかということですね。
今日の式典では判で押したようにどなたも同じご挨拶でした。アベノミクスの成長戦略に謳われている女性の力。今こそ女性のみなさんの行動に期待し、応援して行く・・。聞くたびに違和感を感じながら、多分何も変わらないだろうと思いつつ(笑)冷ややかに聞いておりました。
そんなに使い切れないほどの公共事業費があるんだったら西九州自動車道早く作って頂戴!
ちっとも景況感を感じないまま3年後を迎えないことを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です