昨年の9月頃でしたでしょうか。

福岡の一風堂の副店長さんが、博多のとある居酒屋でうちの「フィランド夢名酒」を飲んで、すごく気に入ってくださって。

一緒に飲んでいた平戸出身の若者が私にオランダ輸出の話を持って来てくれました。

その副店長さんは近々オランダでラーメン屋をやることになっているのだそうで、そこで是非うちのお酒を広めたいと思ってくださったのです。

それからトントンと話は進み、少量ではありますが、輸出することになりました。ところが、いくら船便とは言え、着いたともなんとも連絡が無い。仲介者に連絡をすると、まだフランスで止まっています(涙)とのお返事。コロナでフランスで足止めを食らっていたようです。オランダは秋から未だにロックダウン中だそうで、日本より大変そう。足止めがやっと解けてオランダ入りしました。

やっと着いたと喜んでくださっている原店長「イェイ~」

お店の外観

オランダに行く理由ができた!早くコロナ解禁にならないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です