12月に入り、酒造りが始まりました。酒造りが始まったということは酒屋にとっては一番忙しい時期というわけで、この時期に出掛けるの?本当に行くの???と冷たい視線を浴びつつ、自分で企画した研修がこの時期にしかできないっていうんだから言い出しっぺが行かないわけにもいかず・・・半ば逃げるように(笑)岩国まで行って参りました。
まずは唐戸市場で腹ごしらえ。http://www.karatoichiba.com/すごい人出!雑踏をかき分けながら平戸ではお目にかかれない魚が乗っかっているにぎりを中心に、ふく汁とヒレ酒でお腹から温める!寒波のせいでシャリが冷たすぎたけど、旅の最初の食事でエネルギー注入!
火の山展望台、長府庭園を巡り、この研修の目的地いろり山賊へ。http://www.irori-sanzoku.co.jp/
街から山へ走ること数分、何もない山にパッとネオンが光り始め「あれ、何?すごい!わぁ~~~」と口々に叫び、一気にテンションが上がる凄い所に到着しました。この時期はクリスマスバージョンのイルミネーションでお出迎え。これまで見たことのないエンターテイメント。山全部がきらめく居酒屋。滝が流れてるのもすごい。谷間にもぎっしりのコタツの座席。奥の御殿の間に通され豪快な山賊料理をいただきました。
商工会議所女性会の研修なので「いろり山賊」の女将さんも顔を出してくださり、波瀾万丈のお話をお聞きすることが出来ました。
岩国まで来ればやはり今をときめく旭酒造・獺祭http://www.asahishuzo.ne.jp/asahi/accessmap.htmlさんを見学したいところでしたが、予約満杯。団体受付不可。地元では全く手に入らない状態だそうで、もちろん購入などできず。。なんとも羨ましい限りです。帰路は錦帯橋、防府毛利庭園を巡り、行程になかった門司レトロの散策を入れて17時半平戸着を19時半に延長する臨機応変さ。17時半になんぞ着いたら晩ご飯作らなくちゃですからね。帰着時間はよくよく考えて(笑)楽しいことはあっという間、一泊二日でたくさんのエネルギーをいただきました。明日からまた現場で頑張ります!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です